本ページには広告が含まれています。

【2024年】香港国際空港のJALラウンジ(カンタスラウンジ)の魅力を元CAが解説!

2023.02.23

この記事では、香港国際空港のラウンジについてご紹介します。

前回、香港でJALのラウンジを使った時は「Plaza Premium Lounge(プラザ プレミアム ラウンジ)」だったのですが、カンタス航空が運営する『カンタスラウンジ』に変わっていて、とても解放感のあっておしゃれなラウンジでした。

香港国際空港のJALラウンジ(カンタスラウンジ)の体験レビュー

カンタスラウンジは出国審査後の出発エリア7階にあります。

香港国際空港にはJAL専用のラウンジはありませんが、「ワンワールドアライアンスメンバー」ということで、カンタス航空が運営する「カンタスラウンジ」を利用することができます。

カンタスラウンジは、出国審査を通過したすぐそばにあってとても便利な場所にあります。

今回JALのプレミアムエコノミーを利用することになり、ラウンジの利用ができました。

長い廊下を通ってラウンジへ向かいます。

特別感があってドキドキワクワクです。

ラウンジの入り口では、とっても素敵なスタッフが迎えてくれ、受付で搭乗券を提示してラウンジの中へ入ります。

JALの出発時間帯は、ほとんどはJALの利用者でラウンジを利用する方も少ないので、再入場の時には顔を覚えてくださっていたようで顔パスでしたが、一度ラウンジを出てお買い物などする場合は、搭乗券を持っていくようにしましょう。

ラウンジの中へ潜入!

受付を済ませると、いよいよラウンジなのですが、縦長の作りとなっていて、一番奥が見えないくらい長ーいラウンジとなっています。

縦長のラウンジは、色んな空間があって気分によって色んな席でくつろぐことができます。

ラウンジ内のバーカウンター。

少し奥に行くと、飛行機を眺めながらゆったり過ごせるスペース。

出発前にパソコン作業がしやすいテーブル席

奥にはとっても広いキッズスペースもありました。

フード&ドリンクコーナー

カンタスラウンジは、ドリンクコーナーがとっても充実していて、ラウンジ内に3か所あります。

スパークリングワインや、ワイン、カクテル、ソフトドリンクと種類も豊富です。

バーカウンターでは、実際にカクテルを作ってくれます!

ノンアルコールカクテルも、むちゃくちゃかわいい!

フードメニューもサラダ、温かい料理からデザートまで揃ってました。

さすが香港らしい!と感じたのが、定期的に出来立ての飲茶がラウンジを周回してくれるんです。

飲茶とシャンパンをいただきましたが、本格的な味でとってもおいしかったです!

ラウンジから搭乗ゲートまでは特別ルートですぐ

JAL香港ラウンジ

ラウンジの入り口とは別に、搭乗ゲートへ行ける扉がありました。

JALを利用する方は、こちらの扉を使って、エスカレーターを降りると

香港空港JAL搭乗口

ラウンジから搭乗口まで1分もかからず行くことができました。

以前のラウンジは、ラウンジから搭乗口まで10分以上かかっていたので、とても便利になりました!

JALの公式サイトを見る

そして、何よりもラウンジが利用できて、プレミアムエコノミーに搭乗することで、海外なのに移動がとても楽になったのは、よかったです。

Jこちらの記事では、JALの国際線のタイムセールの最新情報をご紹介していますので、よかったら定期的にチェックしてみてくださいね。

香港国際空港のラウンジ

香港国際空港で利用できるラウンジをご紹介します。

エアライン別のラウンジ一覧

航空会社クラス場所
キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジゲート 36
ゲート 16
ゲート 65
ゲート 2
ファーストクラスラウンジゲート 63
ゲート 2
カンタス航空カンタス香港ラウンジゲート 5
タイ航空タイ・ロイヤル・オーキッド・ラウンジゲート 40
シンガポール航空シルバークリス・ラウンジゲート 15
ユナイテッド航空ユナイテッド・クラブゲート 60
中國航空公司CNAC VIP Loungeゲート 25
スカイチーム・ラウンジ SkyTeam Loungeゲート 15
香港航空クラブ・オータス 遨堂ミッドフィールド・コンコース
200番台ゲート
クラブ・バウヒニア 紫荊堂ゲート 23
エミレーツ航空ザ・エミレーツ・クラブゲート 40

その他のラウンジ一覧

Chase Sapphire Lounge by the Club
チェース・サファイア・ラウンジ・バイ・ザ・クラブ
ゲート 40
Plaza Premium Lounge
プラザプレミアムラウンジ
Plaza Premium Loungeゲート 1
Plaza Premium Loungeゲート 35
Plaza Premium Loungeゲート 60
Plaza Premium Firstゲート 1
American Express
アメリカン・エクスプレス
ザ・センチュリオン・ラウンジ
American Express Centurion Lounge
ゲート 61

【参考】以前の香港国際空港でJALのラウンジはこんな感じ

香港国際空港にはJAL専用のラウンジはなく、「Plaza Premium Lounge(プラザ プレミアム ラウンジ)」を利用します。

Plaza Premium Loungeとは、世界36の空港内にあるラウンジです。

主に、中国、香港、台湾、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、カナダ、イギリス、フィンランド、インド等の空港にあって、航空会社が運営しているのではなく1企業が運営をしている有料の会員制ラウンジサービスです。

私がラウンジに行ったときには、ラウンジの前には15名以上の人が待機していました。

しかし、JALのスタッフの方が入り口で待機していて、JALを利用する方は、待ち時間なくラウンジに案内してもらうことができました。

ラウンジを抜けていくと一番奥にさらにラウンジがあります。

Plaza Premium Lounge Firstというエリアで、ここから先はファーストクラス、ビジネスクラス、利用する航空会社から許可された人のみが入れるスペースとなっていました。

私たちもこの先のスペースに案内されました。

ラウンジのスペースや料理の種類などを比べると、一般のラウンジよりコンパクトとなっています。

しかし、人が少ないのでのんびりと過ごすことができました。

フードコーナーでは、香港のヌードル、ホットディッシュなどビュッフェスタイルでいただけます。

ビールやワインなどもありました。

海外のビールを飲んでいると、「アサヒもありますよ」とスタッフの方から声をかけていただきました。

表にはありませんでしたが、もしかしたら裏メニューなのかもしれません。

ただ、ラウンジにはロッカーがないのが不便でした。

そのため、お土産などを購入する場合はラウンジに行く前に購入するか、複数人で利用する場合は交代で出掛けた方が安心です。

「Plaza Premium Lounge First」あるラウンジは、1番ゲート付近にあります。

搭乗ゲートによっては、移動に時間がかかるので、出発ゲートへは余裕をもって行かれるのをおすすめします。

この記事のまとめ

この記事では、香港国際空港のラウンジについてご紹介しました。

次回の香港旅行の参考になさってください。

久々の海外旅行という方に人気の記事です。

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験や女性目線で、旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
最高年200泊、現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「ホテル・旅行研究家」としても活動中 ■

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-香港
-