本ページには広告が含まれています。

北こぶし知床ホテル&リゾートの宿泊記!オールインクルーシブが最高

2023.08.31

この記事では、北こぶし知床ホテル&リゾートについてご紹介します。

  • 知床観光の拠点としても便利
  • オールインクルーシブでお財布を気にせず飲食が楽しめる
  • 日本で唯一!オホーツク海&世界遺産を見ながらサウナが楽しめる

すごくいいという噂は聞いていたのですが、実際に泊まってみるとオールインクルーシブの内容の充実さはもちろん、“桁違い”のスケールの大自然に囲まれた自然の中でゆっくりとした時間を過ごすことができて、食事もお部屋も、そしてサウナも素晴らしい宿でした。

本文では、詳しくご紹介しますのでよかったら知床旅行の参考になさってください。

北こぶし知床ホテル&リゾートのオールインクルーシブの内容

  1. 食事付きのプランにすれば、夕食時の料理が食べ放題、飲み物が飲み放題
  2. ラウンジでのドリンクが無料

北こぶし知床ホテル&リゾートはオールインクルーシブとなっていて、滞在中の食事やドリンクはお財布を気にせず楽しむことができます。

とは言っても、食事付きのプランを予約しないとオールインクルーシブは体験できません。

北こぶしに宿泊するなら、食事付きのプランにするのをおすすめします!

その①:食事付きのプランにすれば、夕食時の飲み物がフリーフロー

西館2階にある「the life table」は、夕食付プランで予約すると、食事ドリンクが全て食べ放題、飲み放題となります。

知床産のいくらや

知床牛

にぎりなど、ビュッフェとは思えないほどの料理が全て食べ放題となっています。

ドリンクもビールやスパークリングワインをはじめ、ワイン、日本酒、焼酎など好きなだけいただけます。

なお、夕食についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、よかったら併せてチェックしてみてくださいね。

北こぶし知床ホテル&リゾートの夕食まとめ!最強レベルのビュッフェバイキング

この記事では、北海道知床にある「北こぶし知床ホテル&リゾート」の夕食についてご紹介します。

続きを見る

その②:ラウンジでのフリードリンク

ホテル1階には、宿泊者専用のラウンジがあって、宿泊者ならだれでも利用できます。

  • 07:30~10:00はコーヒーなどソフトドリンク
  • 15:00~21:00はアルコール、ソフトドリンク、おつまみ

朝はコーヒーなどのソフトドリンク、夜はアルコールを自由にいただけます。

ラウンジで、食事の時間までビールとおつまみでゆったり過ごしてみました。

アルコール以外にもソフトドリンクもあります。

ホテルのクラブラウンジは、特に夜の時間帯は年齢制限があったりするのですが、北こぶしは全ての時間帯で小さなお子さんも含め、年齢制限なくみんなで過ごすことができます。

ラウンジはテラス席もあって、テラス席には足湯も楽しめます。

 

北こぶし知床ホテル&リゾート宿泊記ブログ

今回お邪魔したのは、知床のオホーツク海の目の前に位置する「北こぶし知床ホテル&リゾート」。

同じくウトロ温泉にある「KIKI知床ナチュラルリゾート」と同じ系列のホテルとなっています。

北 こぶし kiki どっち
【知床】北こぶしとKIKIはどっちがいい?両方泊まってみて分かった6つの違い

この記事では、知床にある「北こぶし知床 ホテル&リゾート」と「KIKI知床 ナチュラルリゾート」の違いについてご紹介します。 個人的には、多少高くはなりますが「北こぶし」がおすすめです。 本文では、実 ...

続きを見る

ホテルロビーは広々していて、ピアノの演奏で迎えてくれます。

以前までは、日帰り温泉もやっていたのですが、現在は宿泊者のみが館内に入ることができます。

【悲報】北こぶし知床ホテル&リゾートの日帰り入浴は終了、宿泊者限定のみ利用可能

この記事では、北こぶし知床ホテル&リゾートのお風呂やサウナを体験したいという方に、最新情報をお伝えします。

続きを見る

ロビーには流氷も展示されています。

今回、ホテルに行く前に網走にある流氷館に行ってきたのですが、流氷は何度見ても自然の雄大さを感じさせてくれます!

オホーツク倶楽部 露天風呂付のお部屋(西館)

今回は、オホーツク倶楽部の露天風呂付のお部屋に泊まりました。

以前は、専用のラウンジなどがあったそうですが、今はオホーツク倶楽部の特別サービスなどは特にありませんでした。

北こぶしオホーツク倶楽部の宿泊ブロブ、クラブラウンジは宿泊者全員が利用できる

この記事では、北海道知床にある北こぶしホテル&リゾートのオホーツク倶楽部についてご紹介します。

続きを見る

とはいっても、オホーツク倶楽部のお部屋の醍醐味といったらお部屋からの景色。

オホーツク倶楽部は、西館の4階から7階に位置していて、大浴場、レストランからも近くて、オホーツク海に面したお部屋となっています。

チェックインした時は、ちょうど夕暮れ時で、お部屋からは、ウトロ港とオレンジ色に染まった広大な空が広がっていました。

扉を開くと靴を脱ぐスペースがあるので、お部屋では自宅のようにゆったりと過ごすことができます。

壁の一部がレンガになっていたり、木材もふんだんに使われていて、なんだか山小屋にいるような落ち着いたインテリアとなっています。

何と言っても、お部屋からの雄大な景色に圧倒されます。

お部屋にはベランダがついていて、オホーツク海を全身で感じることができます。

朝の静かな海を見ながらのコーヒータイムも最高です!

お部屋には、暖炉も。

 

スピーカーもあって、Bluetoothでご自身のスマホなどにも接続できるので、好きな音楽を聴きながら、ゆったり過ごすことができます。

ベッドはツインタイプ。

ベッドからもオホーツク海が見える贅沢なつくりとなっています。

露天風呂

露天風呂は、広くはありませんが、2人並んで入ることができます。

お部屋のお風呂も温泉!!

ちゃんと温泉の成分表もありました。

 

バスルーム&洗面所

洗面台は、シンプルな作りとなっています。

洗面所の横には、シャワーブース。

シャワーブースなんですが、ちゃんと椅子と桶もあって、細かい心遣いが嬉しいですね。

 

バーカウンター

 

北こぶし 知床 ホテル&リゾート アメニティ

アメニティは、北こぶしオリジナルのアメニティ。

スキンケアはPOLA。

大浴場と同じものが備え付けられていました。

北こぶし 知床 ホテル&リゾート館内着

館内着は、コットン素材の上下セパレートタイプのものでした。

食事やラウンジなど、館内では館内着で過ごすことができます。

館内着のほかに足袋タイプの靴下も用意されていました。

部屋着の他にバスローブもありました。

 

大浴場(大浴場)

北こぶしの大浴場はとても有名で、この大浴場が目的で全国から訪れる人がいるほどです。

朝にはお風呂の撮影時間もあって、撮影することができます。(画像は許可を取った上で撮影しています)

大浴場の大きな窓からは、知床の海と世界遺産を見ることができます。

冬には流氷も見ることができるんだそうです。

そして何と言っても北こぶしに泊まったら体験してほしいオホーツク海を見ながらのサウナ。

このサウナに入るために、日本全国から北こぶしに訪れる方が絶えません。

サウナ、オートロウリュがついています。

大浴場の階段を上がると屋上には、外気浴ができるスペースがあります。

夜は満天の星を見ながらととのうことができます。

湯上りアイスもありました!

 

 

北こぶし知床 ホテル&リゾートの朝食「the life table」

朝食会場は、夕食会場と同じ西館2階にある「the life table」でいただきます。

夜は時間指定となっていますが、朝は予約制ではないので、朝一番に行くのがおすすめです。

夜にも負けず、朝から出来たての料理が並びます。

鮭も目の前で焼いて出してくれます。

知床鮭のクリームコロッケ。

朝から知床牛と知床鶏のハンバーグといった豪華料理もいただけます。

地元の料理、あっぺ飯。

 

自家製フレンチトーストは目の前で作ってくれて、出来立てがいただけます。

斜里町のにんじんを使ったスムージーも美味しかったです。

食後のデザートまでしっかりいただきました。

朝から知床の食の恵みをいっぱいいただき、まさにパワーめしでした!

 

売店

ホテルロビー横には、売店もあって北こぶしのオリジナルグッズやお土産などが販売されています。

一部お取り寄せもできますが、売店でしか買えないものがほとんどなので、買い忘れのないようにしましょう。

 

北こぶし知床ホテル&リゾート周辺の食事どころ

北こぶし 知床 ホテル&リゾートの周辺には、コンビニや食事ができる飲食店も徒歩圏内にあります。

というのも、この周辺ホテルで働く人の多くは寮に住んでいるため、安くておいしい飲食店があります。

有名なところといえば、ウトロ漁協の婦人部が運営している「ウトロ漁協婦人部食堂」

また少し行くと、道の駅「ユートピア知床道の駅うとろ」もあります。

 

北こぶし 知床 ホテル&リゾートに泊まった人の口コミ

 

この記事のまとめ

この記事では、北こぶし知床ホテル&リゾートについてご紹介しました。

サ活の方はもちろん、幅広い世代で楽しめる宿で、いつまでのあの空間にいたいと思える素晴らしい宿でした。

知床旅行の際にはぜひ宿泊してみてください!

 

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験や女性目線で、旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
最高年200泊、現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「ホテル・旅行研究家」としても活動中 

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-ホテル旅館
-, , ,